汗疱 原因 赤ちゃん

赤ちゃんにおける汗疱の原因について

スポンサーリンク

赤ちゃんに汗疱が出来た場合の対処と、それが起きる原因について記述します。

 

赤ちゃんとは人間が母親から生まれ出た後の状態を指します。
生後28日以内の状態を新生児、それ以降1歳以下の状態を乳児と呼びます。
この期間を赤ちゃんと形容するケースが多いです。

 

赤ちゃんの時期は生後の期間が短いというだけでなく、様々な器官が未熟である状態といえます。
例として食事などは母乳、粉ミルク、離乳食などと段階をあげながら大人と変わらない状態のものを摂取できるように慣らしていきます。

 

同様に汗腺や内臓など胎内の器官も未成熟であることが多いなポイントです。
汗疱は汗腺の中に汗が溜まってしまうことで、皮膚表面にトラブルをおこす状態です。
赤いぽつぽつができる、水泡ができる、赤みがでるなどの症状などのケースがみられます。
汗腺の発達途上である赤ちゃんにもこの症状は発生することもあります。


スポンサーリンク


汗疱の原因としては汗腺の発達、体質などがあげられます。
気になる症状が発生した場合には小児科やそれに準じる機関への早めの相談がおすすめです。
小さな子供は新陳代謝が活発です。
大人よりも一枚分、衣類を減らして対応することもあるように汗の量は多いといえます。

 

汗疱が発生しやすい体質や環境的には汗が多いという状況が考えられます。

 

小児科などでの受診や薬品での治療が有効ですが、汗をかいた時に拭いたり洗ったりなどの対応も有効です。
拭く場合には清潔な布をぬるま湯などで湿らせたものでこすらないように行います。
また市販のウェットシートなどには薬品が含まれていることもあります。
前述したシンプルなものがより低刺激であるといえます。
汗をかき、10分後の赤ちゃんの肌にあせもが発生したというケースもあります。
汗をかいているのを発見した場合は早めの対応が良いといえます。


スポンサーリンク