汗疱状湿疹 治し方

汗疱状湿疹を繰り返さないための治し方

スポンサーリンク

汗疱状湿疹とは、手のひらや手指、足などに小さな水泡ができる症状を指します。

 

水泡は赤くなり、かゆみを伴います。

 

原因は明らかになっていませんが、汗が原因の一つと考えられております。

 

また、汗の他にも、金属アレルギーやストレス、
自律神経失調症からくるとも言われております。

 

主婦の方など、頻繁に食器用洗剤を使用して洗い物をされる方は
界面活性剤入りの洗剤をしようすると症状が現れる、という方も
いらっしゃいます。

 

かゆみを伴う場合は、ステロイドを処方されることが多いため、
ステロイドの軟膏を患部に塗り込むことで、かゆみを抑えながら治していく
治し方が一般的なようです。

 

しかし、一時的な治療に過ぎないため、
繰り返すことも少なくありません。

 

根本的な治し方は、免疫力を上げ、体質改善をすることが
一つの方法と言えるでしょう。

 

今日、患者数の増えている花粉症などをはじめとするアレルギーや
ストレスや不規則な生活、食生活の乱れなどからくる
自律神経の乱れは免疫力の低下を招くといわれています。


スポンサーリンク


では、免疫力を上げるためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

人間本来の生活に則った、朝起きて夜眠るという生活が一番の近道です。

 

昼夜逆転生活は、体内リズムが乱れるため
免疫力も落ちてきます。

 

また、日本人の民族性にあった食物を摂取すること。

 

近年、食の欧米化が進みましたが、
それと同時に平熱が35度台の低体温症の子どもが増えていると
言われています。

 

根菜や、味噌など、日本で昔から育てられている
旬の野菜を摂取し、肉や牛乳を控えることが
免疫力を上げるといわれています。

 

また、免疫力を上げる他にも、症状が出る前に口にしたものや
身につけたもの、触れたものを思い起こしてみてください。

 

中には、歯科治療で金属を入れた、
新しいサプリメントを飲み始めた、
洗剤を変えたなどといったことをきっかけに汗疱状湿疹の症状が
現れることがあります。

 

症状が現れたきっかけとなったと考えられるものを取り除き
また、繰り返さないために免疫力を上げることが
汗疱上湿疹の治し方と言えます。


スポンサーリンク