汗疱状湿疹 かゆい

かゆいのが特徴の汗疱状湿疹です

スポンサーリンク

汗疱状湿疹は手のひらや足の裏、指の間にできる小さな水疱状の湿疹です。
皮膚病の一種でありかゆいのが特徴です。

 

別名を手湿疹や指湿疹など言われることもあり、初期にはとても強いかゆみが発生します。
水虫と間違えやすい症状のため、初期の対応を間違えやすいので医師の判断があると安心です。
水虫は菌が存在しますが、汗疱状湿疹は菌が原因ではないため、感染の心配はないのが特徴です。

 

 

原因としては多汗やストレス、喫煙、慢性の副鼻腔炎、金属アレルギー、自律神経失調症などが挙げられます。

 

一般的に早めの治療を行えば1週間から2週間程度で完治する皮膚病です。

 

 

かゆみや水疱が表れた場合には早めに皮膚科の診察を行い適切な治療を行うことをお勧めします。

 

 

主な治療法としてはステロイドの外用薬やサチル酸を用いるのが一般的でありかゆいのを抑える抗ヒスタミン剤を処方される場合もあります。


スポンサーリンク


汗疱状湿疹のかゆみが表れたら、掻き崩すことなくこまめに手洗いを行って清潔を保つことも大切です。
また、多汗が原因の場合もあるため、汗をかいたらこまめに拭き取ったり、汗を流すこともかゆみの軽減につながります。

 

 

汗疱状湿疹は子供から大人までなりやすい皮膚病であり特に、気温が上がる春先から秋までが良くみられる病気です。

 

 

特に子供は体温が高く汗をかきやすいため、常に手のひらや足の裏が湿っています。
こうした場合に皮膚の皮がむけだした場合は汗疱状湿疹を疑うのが良いでしょう。

 

冬場はほとんど見られない傾向です。

 

 

手のひらの皮がむけていると見た目にも衛生的にも気になるものです。
汗をかきやすい人や子供は常に汗をかいたらタオルでふき取ったり、こまめに水道水で洗い流すなどを意識して行うことによって、汗疱状湿疹の発生を軽減できます。
また金属アレルギーの人はアレルギーを起こしやすい素材のアクセサリーなどは避けることをおすすめします。


スポンサーリンク