汗疱 足の甲

足の甲にできる汗疱について調べてみよう

スポンサーリンク

足の甲にブツブツとした細かなものがたくさんできるようになってしまった場合、これは汗疱の可能性が高いと言えます。
特に、痒みをともなっているようであれば疑われます。

 

すぐに医療機関を受診することをお勧めします。
受診する科は皮膚科です。
できれば症状が出てすぐに受診した方が目に見えて分かりやすくていいかもしれません。

 

足の甲にブツブツとした痒みをともなう汗疱ができるというのは、汗が関係しています。
夏場は特に汗をかき、足が蒸れやすくなってしまうため、発症しやすいと言えます。
靴下を履きっぱなしという人は注意が必要です。

 

湿気も関係していることから、梅雨の時期から発症することもあります。
汗かきで足が蒸れやすいという人は、通気性の良い靴下を履くように意識するといいかもしれません。
それだけも予防に繋げることができます。


スポンサーリンク


足の甲は靴下を履いていれば、汗疱になってしまっても目立ちません。
しかし、通気性を良くすることが改善の道の一歩となることから、家に居る間だけでも素足で過ごすことをお勧めします。

 

皮膚科では塗り薬や飲み薬を処方されるはずです。
医者の指示に従っていれば、すぐに治ることもあります。
しかし、多汗症患者などは一年中、汗に悩まされることが多いため、何度も治っては発症するという繰り返しを起こすこともあります。

 

足の甲を清潔にすることも大事です。
毎日、きちんと入浴して洗い、水気のない状態にすることをお勧めします。
夏場なら靴下を履かないようにするだけでも、かなり違ってきます。

 

また、汗疱は痒いという点が特徴的ですが、あまり引っ掻いてしまわないようにすることも大事です。
引っ掻いてしまった手で別のところを触ると、そこに病原菌が移ってしまうことがあるからです。


スポンサーリンク