汗疱 治し方 子供

子供の汗疱の治し方について

スポンサーリンク

手のひらや指、足の裏などに多数の水疱が出来る事を「汗疱」と言います。
個人差はありますが、赤く腫れ、強い痒みを伴うという場合もあるようです。
体力があるという場合には、病院に行かなくても、自然に治る場合もありますが、原因によっては症状が悪化してしまう可能性もありますので、とりあえずは病院に行くということが重要になります。

 

子供が汗疱になってしまったという場合には、皮ふ科を受診し、医師の指示に従う事が大切になります。

 

汗疱は、免疫力が下がった状態で発症することが多く、体の小さな子供の場合は大人よりも症状が重くなってしまう可能性があります。
また、子供も場合は外で遊ぶことが多いため、遊んだ後には日常的に手洗いを行うように心掛けましょう。

 

過度に洗いすぎてしまうと、肌荒れの原因となることもありますので、注意が必要です。


スポンサーリンク


汗疱の治し方はその原因により異なります。
汗疱の原因は、ストレスやアレルギー、水虫などがあります。
事前にアレルギーがある場合には、医師に診療を受けた際に伝えるようにしましょう。
汗疱の原因が水虫である場合には、周囲の人に広めてしまう可能性がありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。

 

医療機関では、塗り薬や内服薬が用いられます。
必ず、用法、用量を守るようにしましょう。
なお、症状が良くなったと思って使用を中止してしまうと、再発してしまう可能性もあります。
一度完治したと思っても、体質によっては何度も再発してしまう可能性もあり、病院に通えば完治するとは限りません。
医薬品を使用したからと言って、すぐに症状が良くなるわけではありませんので、体内のバランスなども考慮し、時間を掛けて治していくと考えた方が良いでしょう。


スポンサーリンク